Blog

「行きつけの店」を持つ生活

表参道・南青山・骨董通り
一人呑み推奨☆初心者でも気軽に

一人で通えるbar(バー)「BRESS」の

ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

さいとうです。
最近のBRESSは、おかげさまで

いつの間にか

女性が安心して一人呑みできるbar

ってことになっちゃってます。

 

しかし元々は、

「bar初心者の方でも、

安心して一人呑みできる店」

っていうのが本来のコンセプトです。

 

そしてこのコンセプトの

元になった考え方が、

「生活の中に『行きつけの店』を

持つことによって、心豊かな毎日を

提案したい」

という気持ちからなんです。

 

どうしてこんな気持ちになったのかというと、、、

 

ずっと考えていたんです。

世の中で、barって店の意義というか、

価値というか…何なんだろうって。

 

でね、あることを思い出したんですよ。

 

私自身が、

学生時代アルバイトしていたbarに、

休みの日も呑みに行っていたこと。

 

そこで、当時の私にとっては大人の人達と、

たくさん喋ったことを。

 

今となってはどうってことのない話ですが、

当時の私には大問題だった

色んなことについて、

お酒が入っているせいもあってか、

真剣に聞いてくれて、また話してくれて。

 

けど所詮、飲み屋で顔を合わせる程度の間柄

 

特に利害関係も無いから、どこかで無責任で。

 

それがまた心地好い距離感だったりして。

 

でね、やっぱり、救われてたな~って、

思い出したんですよ。

 

そんな感じの場所、

みんな持ってるもんだと思っていたんですが、

 

自分で店をやってみると、

案外そうでもなかったんです。

 

「ここに来れば、報われる」

「ここに来れば、また前を向ける」

 

私にとっての「行きつけの店」って、

そういう店のことです。

 

お店の種類は問いません。

カフェでも良いし、小料理屋でも良い。

もちろんbarも。

 

そういう店って、

他人が何て言おうが関係無いし、

法外でなければ料金も関係無い。

 

1週間に1度でも、半年に1度でも、

 

職場や家庭とは違う、

もうひとつの居場所であり続ける。

 

そういう居場所を持つ生活を、

一人でも多くの方に知ってほしい。

 

そんな風に思い始めたんです。

 

そこから、今のような流れになりました。

 

もしあなたが、そんな行きつけの店を

ほしいなって思われるなら

今後もこのブログを読んでいただきたいと思います。

 

毎回ではありませんが、可能な限り、

行きつけを見つけるお手伝いを

したいと思っています。

 

本日も最後まで

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

※3月21日(水)春分の日、

BRESS aoyamaはお休みをいただきます。

22日(木)からは通常通りの営業に戻ります。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

BRESS aoyama

〒107-0062

東京都港区南青山6丁目5-39
南青山アネックスビル3階

営業日:月~土 19:00~翌朝4:00

定休日:日曜・祝日・年末年始

スマホから直接電話はコチラをクリック

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

コメントを残す