Blog

「行きつけを持つ生活」のススメ

本日もBRESS aoyamaのホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます♪

斎藤です。

最近のBRESSは、テレビや雑誌のおかげで、いつの間にか

「女性が安心して一人呑みできるbar」

ってことになっちゃってます。

DSC_0609

しかし元々は、

「bar初心者の方でも、安心して一人呑みできる店」

っていうのが本来のコンセプトです。

そしてこのコンセプトの元になった考え方が、

「生活の中に『行きつけの店』を持つことによって、心豊かな毎日を提案したい」

という気持ちからなんです。

どうしてこんな気持ちになったのかというと、、、

ずっと考えていたんです。

世の中で、barって店の意義というか、価値というか…何なんだろうって。

でね、あることを思い出したんですよ。

私自身が、学生時代アルバイトしていたbarに、休みの日も呑みに行っていたこと。

そこで、当時の私にとっては大人の人達と、たくさん喋ったことを。

今となってはどうってことのない話ですが、当時の私には大問題だった色んなことについて、お酒が入っているせいもあってか、真剣に聞いてくれて、また話してくれて。

けど所詮、飲み屋で顔を合わせる程度の間柄、特に利害関係も無いから、どこかで無責任で、それがまた心地好い距離感だったりして。

でね、やっぱり、救われてたな~って、思い出したんですよ。

そんな感じの場所、みんな持ってるもんだと思っていたんですが、自分で店をやってみると、意外とそうでもなかったんです。

「ここに来れば、報われる」

「ここに来れば、また前を向ける」

私にとっての「行きつけの店」って、そういう店のことです。

お店の種類は問いません。カフェでも良いし、小料理屋でも良い。もちろんbarも。

そういう店って、他人が何て言おうが関係無いし、法外でなければ料金も関係無い。

1週間に1度でも、半年に1度でも、職場や家庭とは違う、もうひとつの居場所であり続ける。

そういうお店を持つ生活を、一人でも多くの方に知ってほしい。そんな風に思い始めたんです。そこから、今のような流れになっています。

もしあなたが、そんな行きつけの店をほしいなって思われるなら、今後もこのブログを読んでいただきたいと思います。

毎回ではありませんが、可能な限り、行きつけを見つけるお手伝いをしたいと思います。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

BRESS aoyama

〒107-0062

東京都港区南青山6丁目5-39南青山アネックスビル3階

営業日:月~土 19:00~翌朝4:00

定休日:日曜・連休最終日・年末年始

スマホから直接お問い合わせの場合はこちらをクリック

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

“「行きつけを持つ生活」のススメ” への2件のフィードバック

  1. ai より:

    初コメント失礼いたします(^ ^)
    「もう一つの居場所」…本当に大事だなと最近よく思います。大人になればなる程、自分も友人も、生活スタイルや交友関係が限定されていく気がするというか…。居心地が良いのはいいことなんですけどね(^_^;)
    やっぱり去年と違う年にしたいですし、今年こそ、勇気をだしてお店に伺いたいと思っております…!

    • bressaoyama より:

      ai様
      始めまして。コメントありがとうございます。
      新しい生活スタイルや交友関係は、これまでの生活スタイル・交友関係にも良い刺激になることが多いと思います。
      ご来店お待ちしております。

コメントを残す