Blog

どこからが「泥酔」なんでしょう?

本日も「南青山・骨董通りでありながら、初心者が気軽にひとりで行きつけにできるBar『BRESS aoyama』」のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます♪

斎藤和仁です。

先日から、初心者がウッカリやってしまいがちなバーでのタブーについてお話しています。

image

今日はその中でも、タブーの代表とも言うべき「泥酔」についてお話しさせていただきます。

基本的にバーテンダーは、お客さんを酔わせることを仕事の目的にはしていません。

ゆえに、まともなbarならば、泥酔者はお断りなハズです。なぜなら、他のお客様に不愉快な思いをさせる可能性が高いからです。

もちろん、お店のスタイルや各店主さんの考え方は様々だろうと思いますが、少なくとも

「酒なんて、酔っぱらってナンボじゃい!」

などという理論はbarでは通用しません。

また、お酒は量が過ぎれば劇薬となります。それを踏まえれば、お客さんにとっても、泥酔するまで呑むのは、良いことではありません。

「分かってる、分かってるんだけど…」

泥酔癖のある人は、どうしてもそれを繰り返します。

普段はきっと良い人なんだと思うのですが、お酒が入り始めると、止められなくなっちゃうみたいです。

実際、いくら呑んでも、人に迷惑をかけないならばそれで良いのです。

怖いのは、「記憶が無い」こと。

その間、どんな言動をとっているのか、御本人がわかっていない。

とても責任を取れる状態ではありませんね。

なのに「人には迷惑かけてない!」など、根拠なく言い張るのは、無責任の極みです。

はっきり申し上げて、お酒をお止めになるべきです。

あるいは、

「これ以上呑むと、記憶が無くなる可能性がある」

という基準を設け、それ以上呑まないと固く誓い、その誓いを厳守すべきです。

こう書くと

「自分はどーだろう?ん~、ギリセーフかなあ♪」

とか考えちゃいますよね。

実際、泥酔とはどの程度の状態を指すのでしょうか?

基準は色々ありますが、barを運営している立場から申し上げると、

酔っぱらっている人には判断出来ない、というのが事実です。

故に、「声の音量・話の内容・態勢など総合的に、複数の他人から見て、不愉快に思われる状態まで酔いが回っていること」

および

「それを指摘された際、謝罪してただちに改めることが出来ない状態」

と定義付けようと思います。

「記憶が無くても、今まで特に問題無かった」と言う人もいますが、それは偶然か、周りの人が我慢してるだけです。

もちろん、誰しもお酒を呑んでの失敗はあるものです。

それを責めたりはしません。

しかし、反省もせず、何度も何度も同じことを繰り返すのは、大人としていかがなものか?

私はそう考えます。

あなたはどう思われますか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました☆

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

BRESS aoyama

〒107-0062

東京都港区南青山6丁目5-39

南青山アネックスビル3階

月~土 19:00~翌朝4:00

定休日:日曜・連休最終日・年末年始

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

コメントを残す