Blog

自家製レーズンバター

南青山でありながら

女性や初心者の方でも安心して

ひとり飲みできるBar

BRESS aoyamaのブログをお読みいただき
誠にありがとうございます。

斎藤です。

 

BRESSの大人気メニューに、

自家製レーズンバターがあります。

 

butter

 

若い方にはあまり馴染みが無いかもしれませんが、

実は酒場では昔から定番のおつまみです。

 

とはいえ、

バターをそのまま食べる

というのはちょっと抵抗があるかもしれません。

 

私自身、市販されているレーズンバターは苦手です。

お客様の中にも食べられないという方はいらっしゃいました。

ところが、そんなお客様の中でも

「BRESSのレーズンバターは食べられる!」
という声があります。

なんでも、口溶けが全然違うらしいのです。

 

どんな感じで作っているかというと・・・

 

①まず、枝つきの干しブドウを、

手作業で一粒ずつ外していきます。

 

干しブドウはオイルコーティングされていない、指定農場のもの。

口に入る時を考えて、

粒の大きさもベストなものを選んでいます。

 

②次に、外したブドウを

熟成させたラム酒に、一晩漬け込みます。

何年も前からレーズンバター用に

ラム酒を継ぎ足した

濃厚な漬けダレとなっています。

 

 

③十分ラム酒を吸い込んだレーズンを、

一粒づつキッチンペーパーの上に並べ、

余分なラム酒を吸い取ります。

 

④余計なラム酒が取れたら、

ブドウとバター、生クリームを絶妙な割合で混ぜていきます。

食感に脂っこさを出さないための秘訣です。

rasen

 

⑤最後に成形して冷やし固め、

注文が入ったらその都度切り出します。

 

バゲットを切り、

軽く焼き上げたメルバトーストを添えて、

召し上がって頂きます。

 

 

毎回、可能な限り多く仕込んではいるのですが、

人気メニューゆえ

切らしてしまうこともあります。

ご了承ください。

 

以上が、BRESS名物

「自家製レーズンバター」の作り方です。

 
本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

※BRESS aoyamaは、完全予約制で営業中です。

ご予約は下記LINEにて、当日19時まで承ります。

今だけ!
LINEにご登録いただいた方限定の
「すぐたまるスタンプカード」をはじめとした
お楽しみ特典があります。
予約無しでも登録だけしておくことをオススメします。

 

ご来店当日の19時以降は、お電話が確実です。
スマホから直接電話はコチラをクリック

 

ということで

ご来店前には必ずご予約をお願いいたします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

BRESS aoyama

〒107-0062

東京都港区南青山6丁目5ー39南青山アネックスビル3階

営業日:火~土 19:00~翌朝4:00

定休日:日曜・月曜・祝日および年末年始(稀に上記以外の臨時休業有り)

全席禁煙(店外喫煙スペース無し)

カウンター6席(荷物用テーブル有り)

 

 

コメントを残す